TOP

この先風俗で行ってみようでは風俗でいってみたくなった男のブログです

高級デリヘルと一般的なデリヘル店の違い

高級デリヘルと一般的なデリヘル店との違いについて書いていきたいと思いますが、まずデリヘル店では三種類に分けられるということをご説明しようと思います。その三種類ですが「高級デリヘル」「一般的なデリヘル」「大衆店・激安デリヘル」の三種類に分けられます。この三種類の分け方は主に価格とサービス、女性のルックスによって分けられています。価格で話すと一回の利用で掛かる料金が20,000円以上の価格は「高級デリヘル」、15,000円前後が「一般的なデリヘル店」、10,000円以下のお店を「大衆店・激安デリヘル」と呼んでいます。高級デリヘルは言わずも知れた価格もサービスも女性も最高級のものを提供してくれるハズレの無いデリヘル店ですが、一般的なデリヘル店と大衆店・激安デリヘルは正直、そんなに大差ないのです。強いて言えば女性のルックスに違いがあるだけでそれ以外ではほぼおなじと思って頂いて間違いないです。下手をすると大衆店に属している女性の方が可愛い女性が在籍している可能性もありますので、運の要素が強いと言えますがそれほど大差ないのがよく分かるでしょう。このように価格や質で風俗店の格付けをされていますが、実は現代でもある風俗店の格付けは江戸時代から存在しており、その格付けによって遊女の生活も違っていたというのです。日本古来の風俗店として有名なのが遊郭になります。遊郭は江戸時代から大正時代にかけて最も盛んであり花街としてその名をはせていました。遊郭の仲で特に有名なのが東京の吉原と京都の島原になります。神戸の福原も有名ですが歴史としては福原はそれほど長いわけではないのですが、江戸時代から栄えていたのは吉原と島原になります。花街とは現代で言うと歓楽街を指しており、飲み屋のような飲食店があり、その中で遊郭があったのです。その遊郭の中にも高級系や庶民系、格安系などがあり、当時の遊郭ではサービス以外に芸が出来る女性は高級系の遊郭に所属しており、性的なサービスしか出来ない遊女は庶民的な遊郭や格安な遊郭で働くことしかできなかったのです。言ってしまえば高級系の遊郭では芸能が達者でないと所属できなかったため、庶民的な遊郭とは大きな差が生まれてしまっているのです。高級系遊郭に属している遊女は庶民的な遊郭に属している遊女を下に見ており、バカにしていました。この形は現代でも変わりません。
渋谷 | 高級デリヘル人気ランキング [極デリ]


高級デリヘル【W STYLE】

五反田のファッションクラブで働いてみた

先日、もっとお金が稼ぎたいと思い五反田のファッションヘルスの面接を受けてきました。今回どうして五反田のお店を選んだかというと、凄く稼げるという噂を聞いたからです。それもそのはず、ファッションヘルスの中でもピンサロは割りと楽な方だからという理由が一番の要因でしょう。楽といっても肉体労働ですので、もっと様々な性的サービスを含む風俗店であればもっと疲れるかもしれません。ピンサロの場合は、45分ごとのサービスで一人の女性が丸々45分お相手をする必要がなく女性で変わりばんこに男性利用者の相手をするので負担が少ないということです。ですので、場合によっては1時間のうちに15分しか出番がないなんてこともあるかもしれません。しかし、稼げるピンサロ店というのはそれだけお客さんが来るということなので、そうそう暇なことはなさそうな印象でした。ファッションヘルスの中でもかなりレベルも高いようで金額も高めとのことなのでお給料のほうも期待ができそうでした。このお店で働こうと思った決め手は、託児所や住居の提供など待遇面の良さもありそうですが、やはり、実働の割りにお給料として返ってくる金額が大きく、毎日でも働くことが可能なことです。ピンサロ特有の、数時間だけでも働けることや長時間の拘束がないということが一番の決め手です。早速働き始めて初出勤をすると、ビックリするほどのお客さんの人数です。正直、初めは引いてしまう人が多いかもしれません。普通の風俗では、暇をもてあます時間の方が多いのでこういった状況に直面することは滅多にありません。なんだか一般的な仕事をしているかのように、キャスト全員で乗り切るといった雰囲気です。仕事を終わらせるぞって感じ。だた、お客さんが目の前に居るのが分かる状況は、それだけ収入が増えるということが約束されているということなので頑張り甲斐もあります。どこのファッションヘルスも同じような状況ではなく180度違うものですが、五反田は風俗業界の中でもトップレベルのお店なので覚悟していた通りです。働いている時はお店のスケジュールに合わせることができるので、休憩時間もしっかりあるし少し落ち着いて過ごすことができるのでスマホをいじったり余裕もあります。風俗の業界の中でも安定感を感じられるお店はここだけかもしれません。


五反田 風俗【ハイパーエボリューション】

三か月に一度の楽しみ

三か月に一度くらいの頻度でデリヘルを利用しています。このくらいで利用するくらいのペースが自分にとってはちょうど良いかなって思っていますね。周期というか、経済的にもこのくらいですとあまり負担もないですし(笑)それに三か月に一度くらいだと、毎回敏感になっているからとっても気持ち良いです。これだけ楽しめるものなのかってくらいです。実は依然はもっと頻繁にデリヘルを利用していたんですけど、お金の問題もあるしちょっと忙しくなってきたっていうのもあってペースを落としたんです。時にはがっつりデリヘルまみれになりたい事もあるんですけど、でもこのくらいのペースで利用するのが自分にはぴったりかなって思っています。この前来てくれたのは朱美という子でしたけど、実は二回目のプレイでした。朱美とは半年振りくらいに会うのに覚えてくれていたのは結構嬉しいですよね。そのおかげもあってか、かなり楽しいものになりました。やっぱりデリヘルはいいなと。


五反田のピンサロ風俗【アニマルパラダイス】